お問い合わせ・テスト申込み

大阪 06-7635-3688
東京 03-6737-2670

HOME > 会社案内 > 沿革

会社案内Company

沿革

1925年 1925年
(大正14年)
現在の淡路工場の地に植田鉄工場を創業。
練乳用小缶の製作販売を開始。
  1934年
(昭和9年)
市乳処理装置の製作販売を開始。
  1937年
(昭和12年)
大阪営業所を大阪市西淀川区に開設。
1944年 1944年
(昭和19年)
小型ホモゲナイザー(ホモジナイザー)を開発。
  1948年
(昭和23年)
株式会社植田鉄工場に法人改組。
  1949年
(昭和24年)
東京連絡所を東京月島に開設。
1950年 1950年
(昭和25年)
チューブ式高圧瞬間殺菌機を開発。
1956年 1956年
(昭和31年)
大阪市西淀川区に大阪工場完成。
プラント設計体制作りを開始。
A型プレート式熱交換器を開発。
  1959年
(昭和34年)
淡路工場内に製缶工場を新築。
東京営業所を千代田区神田に開設。
福岡営業所を福岡市に開設。
  1961年
(昭和36年)
住友グループが資本参加。
1965年 1965年
(昭和40年)
淡路工場内に機械工場を新築。
製造部門を大阪工場から淡路工場に集約。
  1968年
(昭和43年)
HV型ホモゲナイザー(ホモジナイザー)を開発。
  1969年
(昭和44年)
株式会社イズミフードマシナリに社名を改称。
  1972年
(昭和47年)
本社所在を淡路工場より大阪営業所内に移転。
  1976年
(昭和51年)
第一種圧力容器製造認可工場に。
  1984年
(昭和59年)
全社的にOAシステムを導入。
  1989年
(平成 元年)
企業体質改善活動「5S運動」をスタート。
  1991年
(平成3年)
淡路工場内に試験室及びプレゼンテーションルームを新築。 研究開発体制を強化。
  1994年
(平成6年)
SPE型サニタリーポンプをシリーズ化。
1995年 1995年
(平成7年)
多機能抽出機を開発。
  1996年
(平成8年)
VT、FF、FF/N型プレートをシリーズ化。
東京支社を千代田区神田に移転。
  1998年
(平成10年)
本社を大阪市西区阿波座に移転。
  2000年
(平成12年)
国際規格ISO9001認証取得。
  2002年
(平成14年)
国際規格ISO14001認証を淡路工場にて取得。
  2003年
(平成15年)
2003年(平成15年) 大阪、東京の各営業所をそれぞれ支社に改称。新営業体制スタート。
  2004年
(平成16年)
淡路工場内の試験室を全面改装。
  2004年
(平成16年)
九州支店(現 九州営業所)を現在の福岡市博多区に移転。
  2007年
(平成19年)
札幌営業所を北海道札幌市に開設
  2007年
(平成19年)
日本スピンドル製造株式会社100%出資
本社、西日本支社を大阪府大阪市から兵庫県尼崎市に移転
東日本支社を東京都台東区に移転
  2008年
(平成20年)
テクノセンター開設
  2014年
(平成26年)
住友重機械工業株式会社60%出資、日本スピンドル製造株式会社40%出資。
西日本支社を兵庫県尼崎市から大阪府大阪市に移転。
東日本支社を東京都台東区から東京都品川区に移転。
  2015年
(平成27年)
ジャカルタ駐在員事務所開設
  2017年
(平成29年)
シンガポールに飲料機械事業の合弁会社を設立

イズミフードマシナリ会社案内

getAdobeReaderご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンをクリックし、ご自分のマシンにあったAdobe Readerをダウンロードしてください。